pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファミリー・ツリー

date★2012.11.16(Fri) category★アメリカ作品
ファミリー・ツリー2

2011年 アメリカ作品 115分 20世紀FOX配給
原題:THE DESCENDANTS
STAFF
監督:アレクサンダー・ペイン
脚本:アレクサンダー・ペイン ナット・ファクソン ジム・ラッシュ
原作:カウイ・ハート・ヘミングス『ファミリー・ツリー』(ヴィレッジブックス刊)
CAST
ジョージ・クルーニー シェイリーン・ウッドリー アマラ・ミラー ニック・クラウス パトリシア・ヘイスティ


ハワイに暮らしていても
人生は<楽>じゃない!


■Story
オアフ島に暮らす弁護士のマット・キング。
彼の一族はカメハメハ大王の末裔で、カウアイ島に先祖から受け継いだ広大な原野を所有していた。
目下、その土地の売却問題で一族の意見をまとめる大役に頭を痛めていた。
そんな中、妻のエリザベスがボート事故で意識不明の昏睡状態に陥ってしまう。
家庭のことを妻に任せきりだったマットは、10歳になる次女スコッティの反抗的な振る舞いにもただ戸惑うばかり。
追い打ちを掛けるように、全寮制の高校に通う長女アレックスから“ママは浮気していた”という思いもよらぬ事実を突きつけられ、ショックと怒りを隠せないマットだったが…。
allcinemaより)


ファミリー・ツリー

ハワイと聞くと、無条件で陽気とイメージしてしまう。
でも、そりゃそうだよね。人間だもんね。そこに生活しているからって、悩みがないワケないよね。(o´-ω-o)ンダンダ
自分はハワイ島へ一ヶ月行っていたこともあるので、あの雰囲気をまた観られたのが懐かしくて嬉しい。
ハワイというとオワフ島の観光スポットばかりがクローズアップされるので、久々にハワイの「素」の景色が観られたのが嬉しかったです。

あと、ジョージ・クルーニーの役柄が面白い。
自身のプレイボーイのイメージと180度異なり、妻の浮気を知って動揺する姿に思わず笑ってしまった。


はい。褒められるのはここまで。( ̄_ ̄)
実は、あまり私は楽しめなかったというのが本音。
家族の再生物語と言えば聞こえはいいんだけど、深みが一切感じられなかったのです。
マットは妻エリザベスの浮気を知り、動揺し、怒り、苦しみ、それでも最期まで看取り、供養もする。
でも、そもそもマットはエリザベスを深く愛していたのかな?

いくら妻本人の生前の希望とはいえ、延命処置を外すことを決断した早さにビックリ。
妻が危篤状態でも、浮気相手を探しにマウイ島まで二日間の旅行に行ってしまったのがビックリ。
すべてが、エリザベスその人を愛していたからと言うより、妻を寝取られたという男のプライドが傷ついての行動に見えてしまったのです。

それに死人に口なしとはよく言ったもので、自業自得な結果とはいえ、彼女(エリザベス)が弁解出来ないのがちょっと哀れに思いました。
おまけに再婚まで考えていた不倫相手にも、「体の関係だけだった」とまで言われちゃって…(^^;)
めちゃくちゃ不憫…。
一言もセリフのない彼女でしたが、「母親失格の、とんでもなく惨めな女」像しか浮かんでこなかったのが残念。
もっと彼女の人柄をも感じさせるエピソードを挟めば、少し深みが増したのかな~?なんて思いました。
スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。