pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せの教室

date★2012.12.18(Tue) category★アメリカ作品
幸せの教室

2011年 アメリカ作品 98分 ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン配給
原題:LARRY CROWNE
STAFF
監督:トム・ハンクス
脚本:トム・ハンクス ニア・ヴァルダロス
CAST
トム・ハンクス ジュリア・ロバーツ ブライアン・クランストン セドリック・ジ・エンターテイナー


そこは、明日が好きになれる場所。

■Story
大卒でないことを理由に、長年勤めていたスーパーを突然クビになってしまったラリー・クラウン。
再就職もままならず、思い切って短期大学(コミュニティ・カレッジ)に入学する。
彼はそこで年齢も境遇も様々な生徒たちと出会い、刺激的で充実したキャンパス・ライフをエンジョイしていく。一方、スピーチの授業では、すっかり情熱を失った美人教師メルセデスとめぐり会うラリーだったが…。
allcinemaより)


幸せの教室2

コミュニティ・カレッジ(通称CC)というものを初めて知りました。
日本の短期大学と同じようなものを想像した私は、「おいおい、入試もなければ2単位で卒業できるんかい…(゚Д゚;)」と、そこに「映画のご都合主義」を感じ、ちょっとしらけてしまったのですが、こういうシステムがアメリカにはあるそうです。
日本も取り入れればいいのにね。

さて、映画の感想ですが…。

またしても、「だから何?( ゚Д゚)」状態なのです。正直…。

ストーリーを一言で説明すれば、「大人の男女の再生物語」と、何だかいい話のような感じがしますが、いざ映画を観てみるとまとまりも深みも、一切感じられなかった。
トム・ハンクスとジュリア・ロバーツのビッグネームが揃っていながら、コレは何たることか、と。
脚本をちょっと工夫すれば、見違えるような良作が出来るような気がして、ほんと残念。
経済学の日系教師のシーンは必要なのでしょうか?すごくしらけたのですが…。


ラストでラリーが、真っ白なシャツを着ていたのは印象的。
彼の、再出発をする「真っ新な状態」の象徴のように思いました。
服といえば、ジュリア・ロバーツはワンピースしか着ないのかい?シャツワンピばかりでしたなぁ。
スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。