pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガール

date★2012.12.18(Tue) category★邦画
ガール

2011年 日本作品 124分 東宝配給
STAFF
監督:深川栄洋
脚本:篠崎絵里子
原作:奥田英朗『ガール』(講談社刊)
CAST
香里奈 麻生久美子 吉瀬美智子 板谷由夏 上地雄輔 要潤 向井理 檀れい 加藤ローサ 段田安則


きっと、あなたがここにいる。

■Story
広告代理店勤務の29歳独身の由紀子、不動産会社勤務の34歳既婚の聖子、老舗文具メーカー勤務の34歳独身・容子、自動車メーカー勤務の36歳シングルマザー孝子。
会社も仕事内容もバラバラな4人は、なぜか気の合う親友同士。
ほかの3人からファッションが痛いと“ガール”の卒業を進言される30歳目前の由紀子は、ムードのかけらもない新しい恋人・蒼太に腹を立て、イベントの企画をめぐってクライアントの堅物女性社員と激しく対立。
一方ほかの3人も、女性への偏見を隠そうともしない年上の男性部下に怒りを募らせる聖子、ひと回りも年下のイケメン新入社員相手に図らずも心が浮き立ち、そんな自分に戸惑う容子、仕事も育児も“シングルマザー”を言い訳にしないと頑張りすぎる孝子と、それぞれに悩み多き日々を送っているのだが…。
allcinemaより)


ガール2

これ、アラサーの女子が観たら絶対面白いと思うなぁ。
今回一人でDVD鑑賞してしまったけど、女友達数人とお酒でも飲みながら観たいなぁと思った。
絶対に話が盛り上がること、間違いなし!(*゚∀゚)=3
日ごろ痛感していることや、よく友人達と話すことばかりで、何度も頷いてしまいました。
特に印象深いのは香里奈の「女性は選択肢が多くなった分、生きにくくなった。何を選んでも、別の人生があったかも?と思ってしまう」というセリフ。
これは本当に日々、私が思っていることだ。
エンディングでも、決して何かが劇的に変わったわけでも結論が出たわけでもない。でも前向きになれる。
「女子会」の後の爽快感に似ています。この、「よし!明日もがんばろう!」という気持ち。

キャストも私が憧れている大好きな女優さんばかり。
キレイな人揃いで、唯一親近感が湧かなかった点ではあるんだけどね。(笑)


それぞれの女性の前に現れる、男性の描写も興味深い。
どれも「いるいる~」と言いたくなるような人ばかり。
要潤は、その端正な顔立ちの鼻っ面をへし折りたくなったし、向井理には「女心がわかっとらーん!」と一括したくなった。段田安則のような調子のいいオジさんもよく見るし、上地雄輔の優しさには泣けてしまった。

SEX and the CITY」の、邦画バージョンってとこでしょうか。
いや、SATCよりずっと健全なんだけど。(笑)
面白かった♪そして女子に生まれてよかった♪
スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

こんにちは

pureさん、こんにちは!

新しいブログのほうのご案内ありがとうございました。
これからも拝見させていただきますね。
選択肢が増えると生きにくくなるっていうのは、まさにそうですね。
けっこう男性もそうなんですよ・・・。

コメントありがとうございます!

はらやんさん、コメントありがとうございます!

こちらにも改めてのTB、ありがとうございます。
男性も、一昔前に比べて選択肢が増えましたよね。
生きやすくするために増えた選択肢が、困惑の素にもなってしまうとは、生きるって難しい…。
何だか色々考えてたら、しんみりしてしまいました。(笑)

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ガール」 人生の半分はブルー、もう半分は・・・

テーマから予想されたことですが、やはり観賞客の女子率高し。 金曜日の晩ということ
...この記事を表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。