pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブライダル・ウォーズ

date★2010.03.16(Tue) category★アメリカ作品
ブライダル・ウォーズ

2009年 アメリカ作品 89分 劇場未公開
原題:BRIDE WARS
STAFF
監督:ゲイリー・ウィニック
脚本:グレッグ・デポール ケイシー・ウィルソン ジューン・ダイアン・ラファエル
原案:グレッグ・デポール
CAST
ケイト・ハドソン アン・ハサウェイ クリステン・ジョンストン ブライアン・グリーンバーグ


■Story
幼少の頃から理想の結婚を夢見てきた、幼馴染みで親友同士のリヴとエマ。そんな彼女たちも運命の相手を見つけ、いよいよ結婚することに。
そして、同じホテルで別の日に結婚式を挙げようと計画し、憧れだったニューヨークの名門プラザ・ホテルを式場に選ぶ。
ところが、ホテル側の手違いで同じ日時にダブル・ブッキングとなってしまい、どちらか一方が相手に譲らなくてはいけないハメになる。
しかし、リヴもエマも頑として譲らず、ついに式の日取りを巡る争奪戦が勃発。
互いに式の準備を妨害する争いは日に日に激しくなり、やがて2人の親友関係も絶縁状態になってしまうのだが…。
allcinemaより)


ブライダル・ウォーズ2

これが劇場未公開なのはもったいない!
ケイト・ハドソン&アン・ハサウェイ主演なのは勿論、ストーリーもなかなか面白くて見応えありました。

私も去年末に結婚して、これから式の準備をしなくちゃなぁ~という状態なんだけど、悲しいかな、リヴとエマのように「理想の結婚式」というビジョンがあまりないんですよね(^^;)
そんな私のような人ならともかく、子供の頃から「6月にプラダ・ホテルで結婚式をする」なんて具体的な夢を持ち、エマなんか16歳の頃からそのために貯金までしてたというのだから、なかなか譲れないよね。
ヒートアップする二人の闘いを見てると、式のために結婚するんじゃないでしょ!と突っ込みたくもなるけど、希望を叶えようとするばかりに本末転倒になる意地の張り合いは分かるなぁ~。
一度エマがリヴに譲ろうとするんだけど、リヴは招待状のカードを選んでると知って、エマもメールで友人達に式の知らせを送ってしまうシーンがあるけど、あれよく分かる!
自分もきっと同じことするわ。( ̄▽ ̄;)
相手のことを思いやる気持ちがあるのかないのか、これが大切なんだよね。
もしお互いが「譲る」姿勢を見せてたら、お互いこんなに強情になる事はなかったんだろうなぁ~と思った。


これがお互いの結婚式両方ともぶち壊しのラストなら後味悪いんだけど、ハッピーエンドだしね★
ブラパットがはみ出たドレス姿のケイト・ハドソンが可愛かったです。(*・・*)

次は出産の日が重なりそうな二人。今度は産婦人科医を取り合ったら面白いね!ヾ(@°▽°@)ノあはは
スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。