pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レ・ミゼラブル

date★2013.01.12(Sat) category★イギリス作品
レ・ミゼラブル

2012年 イギリス作品 158分 東宝東和配給
原題:LES MISERABLES
STAFF
監督:トム・フーパー
脚本:ウィリアム・ニコルソン アラン・ブーブリル クロード=ミシェル・シェーンベルク
原作:ヴィクトル・ユゴー(小説) アラン・ブーブリル(ミュージカル) クロード=ミシェル・シェーンベルク(ミュージカル)
CAST
ヒュー・ジャックマン ラッセル・クロウ アン・ハサウェイ アマンダ・セイフライド エディ・レッドメイン ヘレナ・ボナム=カーター


愛とは、生きる力。

■Story
19世紀のフランス。1本のパンを盗んだ罪で投獄され、19年間を監獄の中で生きたジャン・バルジャン。
仮出獄した彼は再び盗みを働いてしまうが、司教の優しさに触れ、心を入れ替えると決意する。
過去を捨て、マドレーヌと名前も変えながらも正しくあろうと自らを律して生きていくバルジャン。
やがて市長にまで上り詰めるが、法に忠誠を誓うジャベール警部に自らの正体を見破られ逃亡を余儀なくされる。
その一方で、薄幸の女性ファンテーヌから託された彼女の娘コゼットに深い愛情を注ぎ、美しい女性へと育てていくバルジャンだったが…。
allcinemaより)


レ・ミゼラブル2

先日アカデミー賞ノミネーションが発表されましたが、日本で公開済みのものが、本作と「アルゴ」だけって、どーいうこと!?
予想したくても、観られないんだから予想しようがない…。
もっと早く公開して欲しいものです。

ミュージカル作品はレコーディングで歌を先に録って、撮影では口パクというのが主流の中、本作では歌と映像を同時に録ったというのは有名な話。
…ぶっちゃけ、実際に映像を観ても違いは分からんかったけど…。( ̄▽ ̄;)
アン・ハサウェイの歌唱力には驚かされました。
ハリウッド俳優って、歌上手い人多いよね…。音痴な人はこういう映画に採用されないだけかもしれないけどさ…。

でも、いくら聞き応えのある歌でも、約二時間半全編歌なのは正直キツイ…。
「ミュージカル」と一言で言っても、「全編歌だけ」なものと、「普通のセリフも挟む」ものがありますよね。
全編歌だけは…、長く感じたなぁ…。
ムーラン・ルージュ」のように、バラードあり、ダンスあり、ならまた違うのだけれども。
本作は曲の雰囲気もどれもあまり変わらないんだもの…。
唯一「ムーラン・ルージュ」のような、ヘレナ・ボナム=カーターのシーンは良かった。
彼女は、ティム・バートン監督作品以外でも、こういう役専門になってしまったのだろうか…。(笑)

きっとミュージカルを鑑賞された方なら、一曲一曲に思い入れがあってまた違う感想なのでしょう。
「レ・ミゼラブル」初心者の、映画ファンの私は、豪華なキャスティングを愉しみましたとさ。ヾ(@°▽°@)ノあははのは~
スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。