pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞妓 Haaaan!!!

date★2008.08.30(Sat) category★邦画
舞妓 Haaaan!!!

2007年 日本作品 120分 東宝配給
STAFF
監督:水田伸生
脚本:宮藤官九郎
CAST
阿部サダヲ 堤真一 柴咲コウ 小出早織 生瀬勝久 山田孝之 真矢みき 吉行和子 伊東四朗


京都は日本の宝どす。

■Story
鈴屋食品の東京本社に勤務する平凡なサラリーマン、鬼塚公彦。彼は高校時代に修学旅行先の京都で舞妓に出会って以来、熱狂的な舞妓ファンとなり、いつかは“舞妓はんとの野球拳”という究極の夢を抱いていた。
まだ“お茶屋”で舞妓と遊んだことがない公彦だったが、念願の京都支社への転勤が決まり、同僚OLの彼女、大沢富士子をあっさりと捨てて京都入り。はじめは“一見さんお断り”の壁に跳ね返されるものの、お茶屋の常連だった社長から“仕事で結果を出せば連れて行ってやる”と言われ、しゃかりきに働き、ついにお茶屋デビューを果たす。
そして公彦は、いよいよ念願だった舞妓との野球拳を実現しようとするのだが…。
allcinemaより)


舞妓 Haaaan!!!2

変な魅力…魅力と言っていいのか?とにかく変な引き込む力がある作品でした。
最初はイライラしながら観てたのよ。とにかく阿部サダヲがウザイ!!ウザイったらありゃしない。
あのノリ!テンション!!顔!!!髪型変だろ!!!!(言いたいほーだい。)
なんでお前が柴咲コウを彼女に出来るんだ!しかもフるなよ!生意気なっっっ!!!ヾ(*`Д´*)ノ" 

でも最後まで観てしまったんだな、何故か。
映画とかドラマって、たとえコメディでも何か作品を通してメッセージがあるのだろう、とか、小さな伏線があちこちに散りばめられていてそれがエンディングで生かされるのだろうとか、何かと深読みをしてしまうんだけど、これに関しちゃな~~~ぁんにもないように思えました。
振り返ってみても何も思いつかん。ってか振り返ると余計混乱するわ…。
後半妙に重い話が出てくるし。エンディングも「はぁ…?」って感じ。
何とかこじつけるならば、どんなことでもここまで1つのことに夢中になれるのは素晴らしいってか。ここまで突っ走られれば「バカ」のひと言では語れないよね。

海外が芸者を描いた代表作は「SAYURI」。日本は、、、コレ?(苦笑)

阿部サダヲ、柴咲コウ、堤真一とみんな体張って頑張ってたけど、一番笑ったのは山田孝之が「7は~~ん」と叫びながら走り回る姿。こっちのエピソードが観た~い。(笑)
スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。