pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの頃ペニー・レインと

date★2013.04.24(Wed) category★アメリカ作品
あの頃ペニー・レインと

2000年 アメリカ作品 123分 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント配給
原題:ALMOST FAMOUS
STAFF
監督・脚本:キャメロン・クロウ
CAST
パトリック・フュジット ケイト・ハドソン ビリー・クラダップ フランシス・マクドーマンド ジェイソン・リー


君がいるから、すべてがキラキラまぶしい15歳。

■Story
15歳の少年ウィリアムは伝説的なロック・ライターに自分の記事が気に入られ、ローリングストーン誌の仕事をもらう。
さっそく取材で楽屋を訪れた彼は、グルーピーの中にいたペニー・レインに一目惚れする。
allcinemaより)


あの頃ペニー・レインと2

ロックに夢中になったことがある人。
雑誌「ROCKIN'ON JAPAN」を愛読している(していた)人。
やりたいことがあるのに、親に反対されてなかなか実現出来なかった人。
そんな経験がある人が観たら、感慨深いものがあるのかもしれない。

どれにも当てはまらない私は…、さっぱり分からなかった…。(;´∀`)
そもそも、「ロック」ってなんなの…。
酒、タバコ、セックス、ドラッグ…。それらの嗜好品をすべて「ロック!」って言えばカッコよく収まります…みたいな世界がまったく分からない…。
ロックがテーマで面白かったのは、「スクール・オブ・ロック」ぐらいなものです。
でも、あれ、ロックがテーマと言えるのだろうか…。
本作の評判を調べてみて、あまりの評価の高さに面食らった…というのが正直な感想です…。

グルーピー(本人曰く「グルーピーではなく、バンド・エイド」)のケイト・ハドソンのファッションとキュートな笑顔だけが、個人的な見所でした…。(;´∀`)
スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。