pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビフォア・ミッドナイト

date★2015.12.30(Wed) category★アメリカ作品
ビフォア・ミッドナイト

2013年 アメリカ作品 108分 アルバトロス・フィルム配給
原題:BEFORE MIDNIGHT
STAFF
監督:リチャード・リンクレイター
脚本:リチャード・リンクレイター ジュリー・デルピー イーサン・ホーク
CAST
イーサン・ホーク ジュリー・デルピー シーマス・デイヴィー=フィッツパトリック ジェニファー・プライアー


ウィーンの夜明けから18年、
パリの夕暮れから9年。
そして、本物の愛にたどり着く、真夜中までの数時間。


■Story
パリでの運命の再会から9年。当時はそれぞれにパートナーがいたアメリカ人のジェシーと、フランス人のセリーヌは一緒に暮らしているばかりか、ふたりの間にはかわいい双子の娘たちまでいた。
パリに暮らしている彼らは、南ギリシャの美しい港町にバカンスにやって来ていた。ウィーンでの初々しい出会いからすでに18年。すっかり中年となり、仕事と子育てに追われる日々。楽しいはずのバカンスも、気づくとすぐに言い合いとなってしまうふたりだったが…。
allcinemaより)


お決まりの会話会話会話…の本作だけど、あぁ、他人事とは思えない会話の内容…。
どんなロマンチックな出会い方をして恋愛しても、結婚してしまえばこうなるのね。(笑)
なんかうちの夫婦の会話を見ているようでしたわ。理論的でムカつくくらい正論をぶつけてくる旦那vs引っ込みがつかなくなっている妻。これが男女の差なのだろうか…。
でもうちの旦那と違うのは、喧嘩の終止符の打ち方。
ジェシー!あなたはなんて素敵な男性なのっ!!
うちは絶対にこちらが折れないと平行線のままですわ…。
ラストには少しウルウルきてしまう始末…。病んでるかな、あたし…。

自分が実際に経験するには「サンライズ」の頃の方が楽しいに決まっているけど、映画鑑賞としては続編を重ねれば重ねるほど面白いという珍しいシリーズでした。サンライズ、サンセット、ミッドナイト、とタイトルもしゃれてるよね。

ビフォア・サンセット

date★2015.12.06(Sun) category★アメリカ作品
ビフォア・サンセット

2004年 アメリカ作品 81分 ワーナー配給
原題:BEFORE SUNSET
STAFF
監督:リチャード・リンクレイター
脚本:リチャード・リンクレイター ジュリー・デルピー イーサン・ホーク
CAST
イーサン・ホーク ジュリー・デルピー ヴァーノン・ドブチェフ ルイーズ・レモワン・トレス


忘れられない人がいる、すべての人のための85分。

■Story
9年前、ユーロトレインの車内で偶然出会い、ウィーンの街で一夜だけを共にしたアメリカ人のジェシーとフランス人のセリーヌ。半年後の再会を約束したものの、それは果たされぬまま9年の月日が流れた。
作家となったジェシーは、パリの書店で行なわれたキャンペーンの席で遂にセリーヌとの再会を果たす。喜びを分かち合う2人だったが、彼らに残されていた時間はジェシーがNY行きの飛行機に乗るまでの、たった85分間。
2人はパリの街をさすらいながら、9年の空白を埋め合わせるかのように、それぞれの思いを語り合うのだったが…。
allcinemaより)


あれだけ前作「ビフォア・サンライズ」で愚痴を書いたくせに…なのですが、本作はなんだかすっかりハマってしまいました。
前作以上に会話会話会話…なのです。パリの街を散策しながら85分間リアルタイムで進む会話は、途切れることありません。うーん、この作品を翻訳した方、可哀想!(笑)
何が前作と違うのかと言えば、駆け引きがあるところでしょうか。
あの日何していたの?9年間何していたの?僕のこと覚えていたの?私のこと覚えていたの?今は幸せなの?二人があの時再会できていたら、今はもっと幸せだったの?そんな二人の心の声が聞こえてきそうだけれども、二人ともなかなかそれを直には切り出せない。
僕は今幸せだよ。私は今とても充実しているわ。それぞれそんな体を装いながらも相手の本心を探りたくて仕方が無い。どちらがその壁を崩壊させるのか、早く素直な心を聞きたいし言いたい…でも自分からはイヤ…あぁ、でもタイムリミットは迫ってくる!そんな二人の冷静を装いながらも垣間見える焦燥感が楽しくて仕方がなかったです。(笑)
終わり方もなんて素敵な終わり方なの!唐突で上品で、でも少しエロスの香りもする(笑)エンディングの迎え方。今まで観た映画の中でも、すごく心に残るエンディングでした。

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(ディスタンス)

date★2015.11.23(Mon) category★アメリカ作品
ビフォア・サンライズ

1995年 アメリカ作品 102分 東宝東和配給
原題:BEFORE SUNRISE
STAFF
監督:リチャード・リンクレイター
脚本:リチャード・リンクレイター キム・クリザン
CAST
イーサン・ホーク ジュリー・デルピー アーニ・マンゴールド ドミニク・キャステル ハイモン・マリア・バッテンガー


■Story
列車の中で偶然出会った一組の男女。二人は意気投合して列車を途中下車し、ウィーンの街をあてどもなく歩く。
しかし楽しい時間はあっという間に過ぎ、やがてお互いの生活に帰る朝がやってくる…。
allcinemaより)


ビフォア・サンライズ2

巷では人気の作品のようですが、私は苦手でした…。
とにかくこの作品は、列車で偶然出会った一組の男女の会話会話会話…。私の苦手なウディ・アレンが監督かと思ったよ。
お互いの経験や人生観などを語りつくし、そして惹かれあった二人は甘ったるい会話もし始めるわけで…。「勝手にやってくれ」って感じでした。(^^;)
エンディングでは最高潮に盛り上がる主人公達をよそに、ワタクシの「シラケ」も最高潮に。
うーん、もうこういう恋愛ものはまったく興味なくなってしまったな。(苦笑)
ぽすれんでシリーズ登録してしまったため、続編が二作も手元にある状態。どーしよーかなー…。
子どもがいるとなかなか映画を観られないだけに厳選したいよね…。

マイ・インターン

date★2015.10.19(Mon) category★アメリカ作品
マイ・インターン

2015年 アメリカ作品 121分 ワーナー配給
原題:THE INTERN
STAFF
監督・脚本:ナンシー・マイヤーズ
CAST
ロバート・デ・ニーロ アン・ハサウェイ レネ・ルッソ


すべてを手に入れたはずの彼女に訪れた試練。
そこにやってきたのは、70歳の新人(インターン)だった――。


■Story
ファッション通販サイトを起業し、ニーズを的確に掴んで短期間で急成長させることに成功したジュールズ。
そんな彼女の会社に、シニア・インターン制度によって採用された70歳のベン。妻に先立たれ、新たなやりがいを求めて再び働くことを望んだ彼だったが、若者ばかりの会社ではすっかり浮いた存在に。ところが、ベンはそんなカルチャー・ギャップを楽しみ、たちまちオフィスの人気者に。
一方、ここまで仕事も家庭も順調そのものだったジュールズは、急速に拡大した会社の経営にうまく対応することができず大きな試練に直面していた。
そんな時、彼女の支えになってくれたのは、どこか疎ましく思っていた人生の先輩、ベンだった。
allcinemaより)


マイ・インターン2

産後初めての映画館鑑賞!一年ぶりの映画館鑑賞!!全然アクションものとかではないのに、大画面と音の迫力に何度も鳥肌が立ちました!!!
やっぱり映画好きだなぁ。これからは月に一度くらいは子供を旦那に預けて、観に行きたいなぁと思う。
そしてそんな久しぶりの鑑賞に、大好きな監督のナンシー・マイヤーズの新作が観られて本当に嬉しい。
さすがこの監督ならではの、ウィットに富んでいて、上品で、丁寧に作られていて、ほのぼのする大満足な作品でした。
とにかくベンの人柄がいい。こんなおじいちゃんにそばに居て欲しいし、それにこんな年のとり方をしたいなぁと切に思った。
そして何より「この監督ならでは」と言ったのは、出てくる人物すべての根が温かいということ。
ジュールズの初登場シーンでオフィス内を自転車で走っているのを目にしたときは、「プラダを着た悪魔」のミランダの再来かと思いました。アンディはついにこうなってしまったのか、と。(笑)
でも、ジュールズは少し傲慢な面があるのも否めないけど、自らクレームの対応をする、わざわざ倉庫に出向いてラッピングの指導をする、など、初心や謙虚さも忘れていない。それに悪いと思えば素直に部下にも謝罪する。そんな彼女の姿勢があったからこそベンは彼女を評価したんだね。
イマドキな若者のオフィスの皆の、老人を邪険にすることなく素直にベンから色々学ぼうとする様子にもほのぼのさせられました。彼の持ち物を「クラシック、いいね」と素直に評価したりね。
温故知新というか、こんな職場、理想だなぁと思いました。

「プラダを着た悪魔」でもアンの衣装は素敵だったけど、プラダ~はハイブランドばかりだったのに対して、本作はハイブランドもファストファッションもTPOに合わせて取り入れているのがより身近に感じられて好感が持てました。
出産してからあたしゃ、バレエシューズにジーパンの毎日だよ…。あんなおしゃれママになりたい…。苦笑

glee/グリー Season5

date★2015.09.08(Tue) category★海外ドラマ
glee5

2013~2014年 アメリカ作品 全20話
原題:GLEE
STAFF
監督:ブラッドリー・ビューカー イアン・ブレナン ブラッド・ファルチャック ウェンディ・スタンツラー ポール・マクレーン エロディ・キーン パリス・バークレイ サナー・ハムリ エリック・ストルツ
脚本:ブラッド・ファルチャック イアン・ブレナン ライアン・マーフィー ラッセル・フレンド ギャレット・ラーナー マイケル・ヒッチコック ロベルト・アギーレ=サカサ マシュー・ホジソン ロス・マクスウェル ネッド・マーテル リヴカ・ソフィア・ロッシ ジェシカ・マイヤー クリス・コルファー
CAST
マシュー・モリソン ジェーン・リンチ リア・ミシェル クリス・コルファー ケヴィン・マクヘイル ジェナ・アシュコウィッツ ナヤ・リヴェラ ダレン・クリス コード・オーヴァーストリート


何といっても特筆すべきはフィンの突然の死。
劇中ではフィンは何で亡くなったのかは触れませんが、ヘロインとアルコール中毒でフィン役のコーリー・モンテースは亡くなったとか。何だか悲しすぎる最期です…。
そのフィンの追悼のエピソードでは、懐かしいメンバーが大集結。不謹慎な言い方をさせてもらえれば、懐かしさ満点でちょっと興奮した。けれどもそこにはやっぱりフィンの存在が必要不可欠。なのに不在。やっぱり悲しい…。

その後のエピソードは、gleeの初期メンバーのその後をNYを舞台に描かれています。
ついにgleeが廃部になったということで、在学中の第二期メンバーについては全く触れなくなってしまいました。
まぁ、初期メンバーの方が愛着もあるしパフォーマンスも見ごたえあるし、ということで全然構わないのだけれども…、タイトルの「glee」は関係なくなってしまったような???
元恋人が亡くなったというのに、変わらずに自分中心で野心が強いレイチェルはやっぱり好きになれない…。
このシーズン中で一番気に入ったのは、ブレインとカートの「American Boy」です♪

それにしてもやっぱりこのドラマはゲストが豪華!今シーズンはなんといってもシャーリー・マクレーン!!
初めて出てきたときはびっくりした~。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。